div class="main_wrapper">

大分県のアルバイト

大分県のプロサッカーチームには、「大分トリニータ」があり、これまでにも数々の日本代表選手を育成してきました。

その中でも有名な選手は、高松大樹選手や梅崎司選手、家長昭博選手などがあげられ、現在ドイツで活躍している清武弘嗣選手、現在は浦和レッズに所属している西川周作選手などは大分県出身の選手でもあります。

大分市や別府市では幼少期から育成していくクラブチームも年々と増えていき、別府市ではミネルバ、大分市ではカティオーラフットボールクラブが有名です。

近年では屋内のフットサル場も増えていき、雨の日や強風といった悪天候の日は、屋内での練習も増えてきています。

屋外のグラウンドでは、大分銀行ドームが大分県内で最も広く、2002年に行われた日韓ワールドカップでも使用されました。

最近では別府市にある実相寺グラウンドで、ラモス瑠偉が監督であるFC岐阜が合宿練習で使用するなど、設備が整ったグラウンドも近年では増えてきています。