可愛い人(カッコイイ人)って得よねと思った瞬間のエピソード

エピソード9:可愛いか否かによる先輩からの差別

わたしは女子バレーボール部でずっと上下関係の厳しさを味わってきました。

 

高校生の時のバレーボール部は何と言っても上下関係が厳しすぎて、私たちの学年も滅入っていました。

 

そんななか、ときが経っていくに連れて気づいたことがあります。

 

それは、可愛い子ほど贔屓をされるということです。

 

私たちの学年は8人いて、みんながみんなとても可愛い人ばかりの奇跡的なチームになっていました。

 

そのなかでも比較的容姿が悪い方にいたわたしは、その先輩からの贔屓についてよく感じることができていました。

 

たとえば、8人のうちの可愛い子がある気の利いたことをすると先輩はその子がお手本であるから学びなさいと他の後輩たちを起こります。
しかしわたしのような人が気の利いたことをしても、先輩は何も言わず何も感じることはありません。

 

むしろ、そんなの当たり前でしょうといった顔で見てくるのです。可愛い子が何かをすると、人に認められる確率が高くて得ですよね。

 

参考サイト
ヴェルモア.net
ソワン効果口コミ.net

 

 

エピソード10:可愛い顔の方がお得になる

 

たい焼きを買いに行った時の事です。
私の前には二人組の女性が並んでいました。

 

私はたまたま女性たちの顔がチラリと見えました。
一人はとても可愛い顔で愛嬌がありました。
もう一人の方は控えめで和風の顔でした。

 

二人が注文を終え、たい焼きが焼きあがった後、店主さんが、可愛い顔の人にのみ「お姉ちゃん、これおまけだよ。何個か入れといたからね。遠慮せずに食べてね。

 

美味しいよ」と言っておまけのたい焼きが入った大きめの袋を手渡していました。

 

その様子を見ていた和風の顔の人が可愛い顔の人を、悲しげな目でジーッと数秒間見続けていました。

 

その時私は、顔が可愛かそうでないかで相手からの対応が明らかにこうも違うのかと、現実を目の当たりにしたのです。

 

顔で対応が丸っ切り違うとは、噂では聞いたことがあったのですが、自分の目で見たことによって、この噂は本当だったのだと分かりました。

 

顔が可愛い・愛嬌がある人の方が、様々なことに於いてお得が多いと思います。

スポンサーリンク