可愛い人(カッコイイ人)って得よねと思った瞬間のエピソード

エピソード17:至れり尽くせり・・可愛い人は高待遇される

以前に雑貨店で働いていたことがあって、その時に思わず嫉妬してしまう事件が起こりました。

 

私よりも3ヶ月くらい後にアルバイトで入ってきた新人が、すごく可愛いくて職場の男性陣がザワザワするほどでした。

 

まだ20代半ばの独身でしたから、男性スタッフが彼女の気を惹こうと必死にアプローチしているのがバレバレという感じでした。

 

例えば、私は棚の奥から10kg以上の荷物を運んでいるのに、彼女がちょっとでも荷物を持とうとしたら、すぐに男性スタッフが飛んできて検品を手伝ったりするのです。

 

大汗かいて荷物を抱えている私には目もくれず、紐を解いているだけの彼女を手伝うなんて最悪です。

 

心の中で「やっぱり可愛い子は得するんだな・・」と感じて悲しくなりました。

 

そんな私を見て同情するかのように手助けしてくれるスタッフもいましたが、逆に恥ずかしくて止めてほしいと思いました。

 

休憩時間も私ひとりだった頃は何もなかったのに、彼女が入ってからクッキーやケーキの差し入れが増えたので、男性陣の下心が丸見えで嫌だなと思いました。

 

でも、彼女のおかげで「ついでに」私も仕事を手助けてしてもらえたり、「おまけで」美味しいお菓子などを食べる機会が増えたので良かったかなと思っています。

 

 

エピソード18:わたしがいつも可愛い子に負ける瞬間

 

わたしは容姿が全然可愛くない上にあまりいい印象を持たれることがない暗い顔をしています。

 

しかし、内面だけはすごくピュアだとみんなから賞賛されてそれをポジティブに生きてきました。

 

しかし、高校生のときに出会ったある可愛い女の子がキッカケでそんなポジティブは消えてしまいました。

 

その女の子は本当に明るくて可愛くてとても人当たりの良さそうな素晴らしい方でした。男の子からもよく告白をされていましたし、噂でもあの子は裏が無くてとても素敵であるとみんな言っていました。しかし、わたしはその子の裏を見てしまいました。

 

ピアノのオーディションで私と彼女が一対一で戦う場面がありました。すると、私は彼女に呼ばれて耳打ちでこう言われたのです。「あなたより私が舞台に立った方が華やかに見える」って。どう思いますか?わたしは本当に悔しかったですが、そこは実力の差で勝ち取りました。

 

でも、多くの人は彼女を励ますばかり。可愛いって不公平ですよね。

 

スポンサーリンク